読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

超私的なささっと読めるブログ。読書編

時間がない人の為に個人的な解説、解釈を簡単に書いています。

『心を動かす魔法の文章術」の感想を一言で言うと、「こうなりたいものである」

はい今日は

f:id:kn-ia-5101:20170129211823j:plain

Amazon

 

を紹介したいと思います。

 

簡単なあらすじ

・文筆屋をしている著者が、心を動かすような文章の作り方を教えてくれる本です。

 

 

著書を読んで

・大概の人は日本語が書けます。と言うことは、文章も簡単に書けると思いがちです。ですが大抵の人は、きちんと伝わる文章が書けていないのです。それをこの本から学ばさせてもらいました。

本当に文章って奥が深いですよね。頭の中の抽象的な事を、文字に表すのは難しいです。自分の書いた文章が、嫌で嫌で仕方がなかったです。

そんな時にこの著書に出会い、なるほどなと思いました。

と言うのも、文章は書いてなんぼ。そしてそれを人に見てもらう事で、上達すると書いてありました。目から鱗ですね。私自身も自分で書いた文章が嫌でしたが、割り切って書いていこうと思いました。

 

 

著書をオススメしたい人

・文章がもっと上手くなりたい人。感動する文章のテクニックを知りたい人です。

 

 

 

この下ネタバレあり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

感想・メリット

・とにかく読みやすい。当たり前っちゃ当たり前なんですけどね、文筆屋なので。文章が上手くないのは死活問題ですから。それにしても文章が分かりやすい。頭の中にすっと入ってきますし、例え話も上手い。これもキャッチコピーを沢山、考えていたりするからでしょう。こうなりたいものだと、つくづく思いましたね。

それに一つ一つの話が実体験を書いてあるので、読んでいて共感しやすかったです。これが単に情報を書いているだけなら、ここまで素晴らしい作品になっていなかった事でしょう。話が面白かったのも、印象に残るポイントです。

 

 

感想・デメリット

・著書の中では、失敗談が共感を呼ぶと書いてあったのに、自身の失敗談はあんまり書いていなかったです。そこがマイナスポイントになりました。チョロっとは書いてありましたよ。ですがそこまで大きな失敗談は、書いていませんでした。それは不安要素を読者に与えてしまいます。「絶対に沈没しないから、俺の船に乗れ」と言われると、躊躇する心理と似ていますね。

読者は、こんな凄い人でも失敗したりするんだと感じたいものです。人間は安心を求める生き物ですからね。それがあまりなかったのは、残念な所ですね。

 

 

超私的メモ

言葉は食材、句読点はスパイス

文章というのは、不思議なものです。同じ言葉を使っていても書き手の使い方によって、まるで違う言葉に生まれ変わります。

=痺れましたね。私自身、句読点の打ち方が今もよく分かっていないです。ですがこの文章を読んで、ひとくくりに個性なんだなと納得しました。

 

 

句読点の打ち方に決まりはなく、あくまで書き手のセンスと経験です。

=その通りですね。私はセンスはない方だと思うので、経験を積みます。。

文章が下手な人は恐らく、共感能力が低い人なんでしょう。人が読むって事を念頭に置いていないので。それはただのオ○ニーに変わりありません。だから第三者目線で、自分の文を読むことが大事なんだと知りましたね。

 

今日は以上です。

星10個中、8個です。

それじゃまた。

 

『なぜ、占い師は信用されるのか?』の感想を一言で言うと、「既視感」

はい今日は

f:id:kn-ia-5101:20170126165030j:plain

Amazon 

 

を紹介したいと思います。

 

簡単なあらすじ

・街でよく見かける占い師。その占い師が使っているテクニックを、お教えましょう。それにこの心理テクニックを知っていれば、今後の役に立ちますよ。そんな本です。

 

 

著書を読んで

・確かに目から鱗が落ちるような、情報もありました。ですが私は、タイトルで書いた通り既視感しかありませんでした。

と言うのも一時期私は、心理学にハマっていました。何冊もそういう本を読みました。その結果がこの既視感なんです。だから私以外の人は、何ら関係のない事ですね。それどころかこの本は、丁寧に描かれています。初めて読む人には、頭に入ってきやすい内容ですね。

 

 

この本をオススメする人

・自分は何をしても上手くいかないと、嘆く人。占い師に懐疑的な人です。

 

 

 

この下ネタバレあり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

感想・メリット

・分かり易い。それに尽きると思います。

一つのテクニックを紹介した後に、例え話を書いているのです。それがとても良かったですね。単に、これはこういうテクニックです。そんな事を言われても、読者はピンと来ませんから。

惜しげもなく、占い師のテクニックを暴露している所も良かったです。著者は催眠療法士をしています。だからそういったテクニックを教える事は、自らの首を絞める事になりかねません。患者が自分を、信用してくれなくなったりするからです。ですが著書は、身銭を切って教えてくれました。と言う事は、この情報は価値のあるものなのです。

 

 

超私的なメモ

 Butには、その前にくるフレーズの力を弱め、その次にくるフレーズを強める働きがある

 =例えば親に、「ゲームばっかやってないで勉強しなさい」と言われたとします。その時、「分かった。でもこの試合が終わってからね」と貴方は言います。すると親は、試合が終わったら勉強するんだなと納得し、部屋を出て行きます。これがButを使うという事です。

 

パターンインタラプション

=これは「ぶっちゃけ〜だよ」と言う事で、相手との距離が狭まり、交渉しやすくなるというテクニックです。家電量販店とかで、「ぶっちゃけこの商品より、この商品の方がいいです」とか言われる事が多いいかと思います。それはこの「パターンインタラプション」を使っていたんですね。

それで騙され、よく言われた通りに買っていました。まぁ騙された訳ではないんですけどね。結果満足してましたし。

でもこういうテクニックがあるのを、知っているのと知らないのでは天と地ほど差があると思います。ですから是非、この本を読んで勉強して欲しいなと思います。

 

今日は以上です

星10個中、7個

それじゃまた

『人気ブログの作り方』の感想を一言で言うと、「簡潔すぎるな」

 人気ブログの作り方/Amazon/

 

はい今日紹介するのは

 

f:id:kn-ia-5101:20170115175235j:plain

 

 

『簡単なあらすじ』

・どうしたら貴方のブログに、人が沢山やってくるのか。そのノウハウが書かれています。

 

 

『著書を読んで』

・実際に私もブログをやっていますが、そんな人がやってきません。

で、この本を読んでわかりました。そりゃ人が来ない訳だと。

まぁ結論から言うと、このブログは自分の為にしか書いてなかったんだな。

アイドルでもなんでもそうですが、ファンがいてこその商売なんです。

だからそのファンをぞんざいに扱っていたら、そりゃ誰も見てくれないって訳ですよね。 

 

 

『著書をオススメしたい人』

・ブログを始めた人。それなりにブログをしているが、一向に人がやってきてくれない人です。

 

 

 

この下ネタバレ有り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『感想・デメリット』

・自分もその事について深く考えていなかったですが、敢えて言わしてもらうなら「誰でも知っている事」を書いているなと思いました。

だってさ、「毎日更新すると、人が来てくれる確率が上がる」や、「ブログは母艦」は誰でも知っている事じゃないですか。

そういうのを書いている訳ですから、二番煎じ感しかありません。

ただこの書籍は元々ブログの内容を読みやすくまとめているので、仕方ない部分はあるかと思います。

何処かで見た様な内容というのは。

 

 

『感想・メリット』

・まぁこれはデメリットの逆で、情報を色々探すよりこの本一冊で事足りるって事ですね。

ネットなりの情報をブックマークしているなら別ですが、大抵の人はそういう事をしていません。

だからまた一から探さないといけません。

そんな時にこの本さえ持っていれば、全て書いてあるので探す時間が短縮されます。

それに内容も的確で、確かにと思える事が多々ありました。

先ほどデメリットで言ったのは、他の人と言っている事が似ているからという意味です。

 

 

『超私的メモ』(ここでは内容を要約、引用し気になった部分を書いていきます)

・「電子書籍なら安く買え、リターンが大きい」

=普通の本なら新書で¥1500円くらいしますし、印税はその10%ぐらいしか入ってきません。しかし電子書籍で出版すると自分の好きな値段で販売でき、なおかつ約70%の印税を獲得する事が出来ます。それに値段が¥300円程度なら、ワンクリックで買ってくれる確率が格段に上がります。

そりゃそうですよね。初めて読む作者の本に、いきなり¥1500円も出せないですよね。余程のお墨付きがなければ。それに比べ、¥300円ぐらいなら試しに買ってみるかとなり易いです。

 

 

 すべての人から好かれることは不可能です。なぜなら「『すべての人から好かれる人』が嫌いな人」が存在するからです。

  =これには納得するしかありませんね。誰も自ら嫌われたい人がいる訳がありません。だから四方八方に愛想を振りまき、嫌われないように努力をします。がこの文章を読んで、それが無駄だと思いました。どんなに頑張っても上記の人がいるからです。誰にでも慕われるなんて妄想でしかないのです。

もうそれなら振り切って、自分の好きなように生きようと思いましたね。

 

 

今日はそこまで。

10個中6.5

それじゃまた

はい今日紹介するのは

『マリアビートル』の感想を一言で言うと、「無駄に長い」

はい

今日紹介するのは

f:id:kn-ia-5101:20161229122033j:plain

 

マリアビートル/Amazon

この作品はグラスホッパーの続きとも言われている作品です。

 

グラスホッパーを知らない人の為に、簡単な粗筋を言います。

鈴木という塾講師の妻が殺され、戸惑いながらも殺された真相を求めていくと、、、

 

粗筋を聞いただけで面白そうじゃないですか?

実際、面白かったですし。

 

そんな話の続編的な今作。

舞台は高速で走る列車の中。

 

この作品のもまた殺し屋が多数出てきます。

伊坂さんの作品は、文字なのに緊迫感が伝わってくるというのが特徴かなと思います。

 

それにあの独特のセリフ回し。

読み応えがありましたね。

 

この下ネタバレあり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず檸檬と蜜柑が峰岸という男から、息子を救って尚且つスーツケースを奪い返してくれという割と無茶な注文を引き受けます。

 

そして難なくこなしてしまいます。

別にこれは序章なのでさらっと書かれていましたね。

 

そして帰りの列車の中でいろんな事が起きるんです。

峰岸の息子が死んだり、スーツケースがなくなったりと。

 

私はこの二人が一番好きだったんですけどね。

お調子者の檸檬。そして冷静沈着の蜜柑。この二人のセット感が相まって、良さが際立っていました。

 

まぁ結局、そのセットは崩れ去るのですが、、、

 

ただ内容の話をすると、途中から長いなとは感じずにはいられませんでした。

私の分岐点は木村の親子が乱入してくるところからですね。

 

えっ介入するの?

ってなりました。

 

話が広がり過ぎる恐れがあったので。

結果、話が広がり過ぎましたし。

 

絶対に木村夫妻は入ってくるのは良くなかった。

木村が檸檬に撃たれ、檸檬も王子に殺されるまでは良いです。

 

しかし七尾が檸檬を殺してはいけないでしょう。

意味が分からなくなりますが。

 

この話に統合性というのはなく、ただ単に偶然の連続と言いたいのでしょうがそれでは面白さが半減します。

 

飽きてくるからです。

だからこの話の持っていき方としては、王子は自分よりも何倍も下と考えていた七尾に殺された方が良かったんじゃないかなと思います。

 

途中までは王子優勢で、もう決着がつくぞという所で七尾特有の運の悪さで形成が逆転します。

 

そして王子を殺します。

王子は悔しさを滲ませる事でしょう。自分よりも格下の相手、それも幸運の出来事が起こった直後だったのにと。

 

こっちの方が私は良いと思いましたけどね。

まぁこの話の根本的なテーマは王子の無条件の悪だと思うので、王子が無双しなければ話にならなかったんですが。

 

それでも私はその悪に勝つのは、強い正義ではなく七尾の弱さの方が良かったですけどね。

今日は以上。

星10個中、8個

それじゃまた

 

 

 

『構想力』の感想を一言で言うと、「出来る人は複合的な視点を持っている」

はい

今日は

 

f:id:kn-ia-5101:20161225195241j:plain

C/構想力/Amazon

 

を紹介したいと思います。

 

まず簡単に内容を言うと

将棋でもなんでも構想、すなわち計画は大事だよねって話です。

 

確かに個人的にも計画は大事だとは思います。

ですが私が生きてきた経験から言うと、ほぼ計画通りには行かない(笑)

 

だからこそ計画は大雑把でいいから、その時々できちんと立て直せる柔軟性を養った方がいいんじゃないかと思っています。

 

そんな中でこの本を見つけ、手に取って読んでしまいました。

率直な感想はあぁなるほどね、って感じです。

 

詳しくは下で書いていきます。

 

この下ネタバレあり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず僕は勘違いをしていました。

計画というのは、一つの事柄を深く掘り下げていくものと思っていました。

 

しかしこの本書での見解は違いました。

局面全体をつねに見渡しておくことが大切だ。

 

つまり計画とは全体を見て考えるもので、一つに絞っていたら大事な事を見落としてしまうという事らしいです。

 

まぁ将棋の本なので、一つの作戦しかなかったら勝てないと思いますが(笑)

そうなんですよねこの著書は将棋の本で、それに関連して人生の在り方を説いています。

 

だから私が考えていた事は、全く的外れの事だったんです。

そう考えて読み進めていました。

 

するとある事に気づきました。

それは私が考えていた事と、あながち大きく外れていないと。

 

 常識外の手を構想するためには、常識を知っておかなければならない。

 

 

分かります?

予想外の事が起きても、対処の仕方を知っていたら解決出来るという事に言い換えれる事が。

 

もっと分かりやすく例えると、旅行先に向かう電車が止まったとします。

それは予想外の事ですが、ここでバスでも行ける事を知っていると問題は直ぐに解決します。

 

用はそう言う事なんではないでしょうか?

はい、すいません。こじつけ過ぎました(笑)

 

それでも大雑把に言うと、合っているのではないでしょうか。

そういった感じで著書は将棋の話をしながらも、自分たちに置き換える事が出来ます。

 

そこがとても読んでいて為になりました。

そしてその複合的な視点を持つことが、これからの世には必要なんではないかと思います。

 

だって考えてみて下さい。

果たして人に言われてしか動けない人が、自分で何かを生み出す事が出来ますか?

 

それは最早、傀儡ですよ。

傀儡は操る人がいなければ動けません。

 

同じじゃないですか(笑)

そういう人にならない為に、日頃から色んな事を考えていたらいいと思います。

 

結局、この本の解説してないや(笑)

でも今日は以上(笑)

 

星10個中6.5個

それじゃまた

『理由あって冬に出る』の感想を一言で言うと、「ほのぼの青春記」

はい

今日は

 

f:id:kn-ia-5101:20161222163240j:plain

C/理由あって冬に出る/Amazon

 

この話を一言で言うと

The青春ドラマって感じでしょうか。

 

王道中の王道ですね。

簡単な粗筋を言うと、ある教室で幽霊が出るらしいとの噂が流れる。それも行方不明になった女の子の霊じゃないかと皆が言う。

 

それを調べていくと、、、、

まぁそんな話ですね。

 

私はこの著書の会話がとても秀逸だなと感じましたね。

一つ一つの言葉にトンチが効いているというか、聞いていて心地の良いものでしたから。

 

この下ネタバレあり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この話の結末は結局、幽霊はいなかった。

そして行方不明の女の子は、実は子供を産んで学校をやめていただけでした。

なんだそれ(笑)

 

最初の幽霊が居なかったっていうのは、ミノが豊中氏を匿っていたからです。

これもね、作者が幽霊を出させる為の動機づけの様に感じました。

 

ようは幽霊を出したら、誰も怖がってこの教室に近づいてこない。

すると豊中氏がいることを悟らる事はなく、平穏に過ごせる。

 

そういう事だと思います。というより本書の中で登場人物が言っていますしね。

でもそれって浅はか過ぎないですか?

 

高校生ですよね。

百歩譲って小学生なら、風邪で困っているホームレスを匿うというのは何とか呑み込めます。

 

ですが高校生にもなって、この考えでは思料が浅すぎると思いませんか?

匿うって期間は?

食事とかは?

 

そういう所が軽率だったなと思いますね。

まぁそれも昔虐められていたミノが優し過ぎたというので、まがり通ると思いますが(笑)。

 

他にも行方不明の女の子は、実は妊娠していて学校を辞めていたのも、

高校生なのでなくはないかもしれませんが、絶対に噂になってるって(笑)。

 

それに先生と結婚するというのも、面白いですが取ってつけた様な気がしてなりません。

別に結婚しなくてもいいと思いますが、しなければ女の子の立場がないですもんね。

 

ヤッて出来た子の父親は逃げる。

そして一人で産んで育てていくシングルマザー。

 

私的には大変だと思いますし、辛いです。

だからこの作品のタッチには合っていなので、先生とくっつけたんでしょうね(笑)。

 

ここまで散々やっかみを言ってきましたが、私は面白く読めましたよ。

青春ドラマ補正がかかっていたので、その安易な部分は誤魔化せましたし。

 

ですが読み物としての位は低いものと思います。

例えて言うなら、軽めの昼食みたいな感じかな(笑)

 

まぁ一人一人のキャラ付けはしっかりとしていて、濃かったのでそこは称賛に価するんではないかと思います(お前は何様だ、とか言わないでください(笑))。

 

特に柳瀬さん。

彼女のユーモア溢れる語りには、グイグイと引き込まれるものがありました。

 

こんな所ですかね。

 

星10個中7個

それじゃまた

(※個人的な感想です)

『いつのまにか「お金がたまる人」のさりげない習慣』の感想を一言で言うと「的は得ているが」

はい
今日は
『いつのまにか「お金がたまる人」のさりげない習慣』
 
を紹介したいと思います。
 
この本の内容は
お金を貯めたいけど貯まらない人は、こうして貯めたら良いよっていう指南書ですね
 
実際こういう人って世の中に多いいですよね。
私もその中の一人なんですが笑。
 
だって目的がないとお金って貯まっていかないものじゃないですか。
 
あったら使っちゃうのは人間の本能だと思うんです。
そういう貯め方を知りたい方は是非読んでください。色々と気付かさせてくれるので。
 
この下ネタバレあり
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いきなりなんですが、タイトルの「的は得ているが」の説明をしたいと思います。
 
この著書は勿論、私が知らない事も教えてくれました。
ですが大体の人も考えたら分かる事も、つらつらと書いてありました。
 
例えば「株の評論家がオススメする株は買うな」的な事も普通に考えたら分かるじゃないですか。
 
本当にオススメするものは自分で買うって事が。
だけどこの著書を見なければ、頭の片隅にそんな事は浮かんでこなかった筈です。
 
つまりオススメされる物を買っていたかもしれないので、一概に駄作の烙印は押せないんです。
 
他にも「家族の保証人にも絶対なるな」的な事も、確かに言えてるんじゃないかなと思います。
 
著書でも言ってますが、自分に頼んでくる時点で恩は感じてないのです。
本当に恩を感じている人には、そんな保証人になって欲しいなどと言わない筈です。
 
だから恩を感じて判子を押すなっていう意味なんですね。
上の様な事も冷静に考えればそうなのかもしれません。
 
ですが大概の人は冷静に考える事なく、直感で行動してしまいます。
そういう所からもこの著書は、「気付きの本」と言えるかもしれません。
 
それは逆に言うと、普通の事を普通に書いているとも言えます。
そこが私は気になったので、タイトルは「的は得ているが」にしました。
 
恐らく著者は客観的に物事を見れる人なんですね。
だからここまで人の心を読み解く力があるんじゃないかなと思います。
 
対する私は、自分の事も何一つ分かりません笑。
でもどうなんですかね、果たして自分の事を客観的に見れる人なんているのかと思いますけどね。
 
だって客観的に見れるなら、この本がここまでヒットする訳ないじゃないですか笑
 
見れないからこの気付きの本を、皆んなが買う訳なんですよ。
 
まぁここまでダラダラと感想を書き垂れ流してましたが、一言で著書をまとめて終わりたいと思います。
 
それは
「高度な普通の作品」
 
意味を言うと普通は人から煙たがられますが、一周回って普通に書けるというのは凄いという事です。
 
今日はそこまで
星10個7個
 
それじゃまた